社会・環境活動(CSR)

人権の尊重・差別の禁止

人権の尊重・差別の禁止

 私たちは、基本的人権を尊重し、個人の多様な価値観を認め、「差別的な取り扱いなどを行わない快適な働きがいのある組織づくり」を目指しています。そのために、人権に関する従業員教育研修の実施、セクハラ、パワハラに対する相談窓口の設置などを行なっています。

雇用の取り組み

 個人の多様な能力・専門性・技能を適切に評価し、社員の採用・処遇を決定しています。採用活動については、新卒者の定期採用のほか、キャリア・障がい者雇用を積極的に実施しています。
 2017年度は、1名の新卒者を定期採用(2016年度:2名)しました。障がい者雇用については、障がいをもつ従業員が2018年3月末時点で8名勤務しています。障がい者雇用率は法定の2.2%(平成30年4月1日改正)を超える3.36%となっています。

障がい者雇用率の推移
2015年 2016年 2017年
2.81% 3.15% 3.36%

このページのトップへ