トピックス

PCB汚染土壌処理施設(ジオスチーム法採用)の建設をプレスリリースしました

2007年3月28日

株式会社テルム(取締役社長 邉見芳郎、以下「テルム」)は、PCBによる汚染土壌を浄化する国内初の拠点型汚染土壌浄化施設を4月下旬から北九州市若松区響町に建設し、7月末に稼動させます。株式会社東芝(代表執行取締役 西田厚聰、以下「東芝」)と株式会社鴻池組(代表取締役社長 玉井啓悦、以下「鴻池組」)は、装置の運転管理などの面で技術的なサポートを行い ます。

本施設の処理対象物は、PCB、ダイオキシン類、残留農薬による汚染土壌で、恒常的に稼動する拠点型のPCB汚染土壌の処理施設としては、全国初の稼動となります。処理の規模は1日約7.2トン、年 間処理量約1,700トンを予定しています。

本施設は、土壌中の水分を利用してPCBなど の汚染物を分解する、安全で浄化性能の優れたジオスチーム法を採用しています。

[詳細はこちら]

このページのトップへ