トピックス

国内初の拠点型PCB汚染土壌処理施設の建設について
〜安全で浄化性能の優れたジオスチーム法を採用〜

2007年3月28日

株式会社 テルム
株式会社 東芝
株式会社 鴻池組

株式会社テルム(取締役社長 邉見芳郎、以下「テルム」)は、PCBによ る汚染土壌を浄化する国内初の拠点型汚染土壌浄化施設を4月下旬から北九州市若松区響町に建設し、7月末に稼動させます。株式会社東芝(代表執行取締役  西田厚聰、以下「東芝」)と株式会社鴻池組(代表取締役社長 玉井啓悦、以下「鴻池組」)は、装置の運転管理などの面で技術的なサポートを行います。  本施設の処理対象物は、PCB、ダイオキシン 類、残留農薬による汚染土壌で、恒常的に稼動する拠点型のPCB汚染土壌の処理施設としては、全国初の稼動となります。処理の規模は1日約7.2トン、年 間処理量約1,700トンを予定しています。

本施設は、土壌中の水分を利用してPCBなどの汚染物を分解する、安全で浄化性能の優れたジオスチーム法を 採用しています。

東芝は2001年に本方式の開発を始め、 2004年度からテルム、鴻池組とともに実用化に取り組んできました。本施設の運営は東芝の100%子会社であるテルムが行い、東芝および鴻池組が装置の 運転管理面などを技術支援します。また事業実施にともない3月26日に北九州市と環境保全協定を締結しました。

本施設の無害化設備は、既に行っている環境省 や国土交通省の実証実験を通じて安全性・浄化性能を確認したものと同一のシステムを用います。

名称 汚染土壌処理施設(仮)
場所 北九州市若松区響町1丁目62番-1
稼動予定 7月末
敷地面積 約8,000
建屋面積 約1,600平方メートル
人員規模 20名
処理対象物 PCB、ダイオキシン類、残留農薬による汚染土壌

背景と狙い

全国各地でPCBなどの土壌汚染が顕在化していますが、国内にこれらの汚染土壌を処理できる施設がなく、安全で浄化性能が優れた処理施設が求められていました。東芝、テルム、鴻池組の3社は本施設により汚染土壌を再生し、安心して暮らせる環境を保全できるように積極的に取り組みます。

背景と狙い

1.ジオスチーム法の技術概要

ジオスチーム法は、土壌を加熱し汚染物を蒸発させる方式(間接熱脱着法)により土壌からPCB等の汚染物を除去する工程と、土壌から蒸発させた汚染物質を水蒸気で分解する方法(水蒸気分解法)により無害化する工程の二つの工程で構成されています。ジオスチーム法は環境省や国土交通省の技術評価を受けながら、安全性と優れた浄化性能を重視して開発した技術で、汚染物の除去から分解までを一連のシステム内で行なうため、装置外へ汚染物を排出しません。また、溶剤や薬品を用いないため、有害物・危険物等を取扱う必要がありません。本技術で浄化された土壌は、土木原料やセメント原料等としてリサイクルを計画しています。なお、本施設の運営はテルムが行いますが、鴻池組が間接熱脱着装置、東芝が水蒸気分解装置の運転管理面などの技術支援を行う予定です。

図:ジオスチーム法の原理図

2.実用化までの経緯

ジオスチーム法は2001年に東芝で開発した技術であり、2004年からテルム、鴻池組と共に実用化に取り組んできました。3社は、2005年11月より 北九州エコタウン実証研究エリア内でジオスチーム法を用いたPCB汚染土壌浄化の実証試験を行なってきました。このうち、環境省「平成17年度低コスト・ 低負荷型土壌汚染調査対策技術検討調査及びダイオキシン類汚染土壌浄化技術等確立調査」においては、PCB汚染土壌を対象として分解率・除去率などの浄化 性能、安全性、周辺環境への負荷などについて検証を行ない、その結果、高い分解率が得られ、環境排出も抑制できており、実用レベルでの使用可能と評価され ました。また、国土交通省「鶴見川多目的遊水地土壌無害化処理実験」では、PCB等を含む異物混入土について実証試験を行いました。

[ご参考:評価結果]

本資料に関するお問合せ先:
株式会社 テルム  電話 045-506-7979
株式会社 東芝 広報室  電話 03-3457-2100
株式会社 鴻池組 広報  電話 06-6244-3555

このページのトップへ