環境コミュニケーション

環境展示会(東芝グループ環境展)

 皆様のより良い暮らしやビジネスを環境面からもサポートする製品や様々な事業領域での取り組みを紹介する機会として、東芝グループは東芝グループ環境展を開催しています。当社も東芝グループの一員として、さまざまな使用済み製品の再資源化、環境分析、土壌・地下水調査・対策と幅広い環境ソリューション事業活動を紹介しています。
 2017年度は2月に開催され、当社は「使用済み太陽電池モジュールと『SCiB™』を用いたリユース商品開発」への取組みや成果を紹介しました。

写真:第26回東芝グループ環境展の模様
第26回東芝グループ環境展の模様

神奈川県電気協会での水銀廃棄物講演実施

 2月27日神奈川県電気協会が開催した「省エネルギー講演会」にて当社の田村参事が「廃棄物処理法施行令等の改正に伴う水銀廃棄物の適正処理について」の講演を実施しました。
 2017年4月に施行された廃棄物処理法の水銀廃棄物に関する改正事項を東芝グループでの経験や当社での取組みを交えながらわかり易く説明を行いました。また当社及び、当社PCBソリューションのご紹介をさせていただき、200名以上の参加者の方に当社の活動を知っていただくことができ、有意義なコミュニケーションの機会とすることができました。
 今後も当社と地方自治体や地域企業の間で環境に関する連携の機会を増やすため、このような環境コミュニケーションを引き続き行っていきます。

写真:講演会の模様
講演会の模様

生物多様性の保護

 当社では構内にビオトープを設置し、トンボや蝶の保護に努めています。ビオトープには、ツマグロヒョウモンの幼虫の食草であるスミレやタチツボスミレ、ナミアゲハの幼虫の食草であるスダチと甘夏柑などを植樹しています。

写真:生物多様性の保護

写真:シオカラトンボ
シオカラトンボ

環境広告/広報

 当社の環境事業活動を多くの方々に知っていただくために、新聞、専門雑誌、インターネットとさまざまなメディアを利用し、タイムリーに環境情報を発信しています。

社外HPでの主な情報発信内容

2017年6月 新経営執行体制について
2017年4月 本社分室を統合しました。
2017年2月 ISO14001:2015規格移行に伴う内部環境監査員の養成講座を開講しました。
2017年1月 産廃情報ネットにおける当社の最終更新日情報を掲載しました。
2016年12月 「社会・環境活動(CSR)」のページを更新しました。

参加団体

(社)神奈川県産業資源循環協会 (社)廃棄物資源循環学会
(社)産業環境管理協 会(社)日本環境化学会
横浜市環境保全協議会 (社)日本分析化学会
(社)東京産業廃棄物協会 (社)土壌環境センター
(社)群馬県計量協会 (社)日本作業環境測定協会
神奈川県環境計量協議会 (社)日本環境測定分析協会
協同組合クリーンテクノかながわ(社) 日本産業機械工業会
ガラス再資源化協議会(社) 太陽光発電協会

このページのトップへ