環境経営

 東芝グループではグローバルな環境課題の解決とイノベーションによる豊かな価値の創造を通して地球と調和した人類の豊かな生活を実現のため、企業ビジョンとして環境ビジョン2050を設定しました。

 東芝環境ソリューションも東芝グループの一員として、環境影響低減のために「地球温暖化の防止」「資源の有効活用」「化学物質の管理」の3つの課題に取り組むことで、地球との共生を図っていきます。

東芝グループ環境ビジョン2050の取組み

環境ビジョン2050実現のために

グローバルな環境課題の解決とイノベーションによる豊かな価値の創造を通して地球と調和した人類の豊かな生活を実現します。

環境ビジョン2050

 2011年10月に70億人を突破した世界人口は、アフリカやアジアなど新興国を中心に急激な増加と都市集中化が見込まれています。それにともない食糧、水、エネルギーなどが不足し、現代の社会を支えている化石燃料や金属、鉱物といった枯渇性資源も減少している状況です。さらに地球温暖化の影響により気温が上昇し、世界各地で洪水や干ばつ、巨大台風が発生するなど、気候変動の問題も深刻化しています。こうしたさまざまな問題が複雑に連動し、その影響が年々拡大するなかで、2016年1月には国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」が、同年11月には地球温暖化対策の新しい国際枠組みである「パリ協定」が発効するなど、近年、グローバルな課題の解決に向けた世界共通の指針やルールが次々に生まれています。

 環境課題に対する国際社会の意識が高まるとともに、グローバルに活動する企業に対しても、課題解決に向けた対応がこれまで以上に問われ始めています。私たち東芝グループも国際社会の一員として、社会インフラを核とする4つの事業領域での活動を通じてグローバルな環境課題の解決に貢献していく責任があると考えています。

 この責任を果たすため、東芝グループは「地球と調和した人類の豊かな生活」を2050年のあるべき姿として描き、これに向けた企業のビジョンとして環境ビジョン2050を設定しています。「つくる、つかう、いかす・かえす」という製品のライフサイクルを通じて、社会の安心・安全と、まだ見ぬ感動や驚きを与える豊かな価値を創造すると同時に、環境影響低減のために「地球温暖化の防止」「資源の有効活用」「化学物質の管理」の3つの課題に取り組むことで、地球との共生を図っていきます。

図:環境ビジョン2050

東芝グループ環境レポート2017より

環境経営監査

 東芝グループは、環境総合監査システムを構築し、環境経営の推進と法令遵守の徹底をはじめとしたリスク管理の強化を図っています。東芝インフラシステムズ(株)より審査員を招き現場管理、遵法を確認する環境に関するリスク診断をおこない継続的改善を進めています。

写真:環境経営監査の現場確認の模様
環境経営監査の現場確認の模様

外部環境監査

 環境マネジメントシステム(ISO14001認証:1997年7月)の維持向上を図るために、毎年、外部認証機関の監査を受けています。2017年度はISO14001:2015への移行審査を受け認証されました。

第6次環境アクションプランの達成状況

 東芝グループは2017年度より新たな中期目標であると環境負荷低減の両立を目指し、「第6次環境アクションプラン」(活動期間:2017年度〜2020年度)をスタートさせました。
 2017年度は、リサイクル困難物の分別解体技術の開発や資源販売先の開拓など継続的な取り組みにより、「再資源化率」の目標を達成できました。
 エネ起源CO2排出量原単位削減については、2013年を基準とする目標に変わりましたが、本社の統合などを行い省エネに努めた結果、目標達成できました。

環境汚染リスクへの対応

 東芝グループは、1990年から、薬品類を貯蔵するタンク及び容器から薬品類が万一漏出した場合、直接地下へ、又は公共用水域等への流出を防止するために設置する防液堤及び受け皿等の設置並びに構造の指針を定め、環境汚染のリスク対策を行っています。その他に、廃棄物置場、薬品倉庫、薬液・廃液配管、排水処理施設、めっき装置、貯油施設、スクラバー等々の構造指針を策定し運用しています。

環境構造物指針適用状況(本社)
構造物(対象施設) 適用数 準拠数
防液堤・受け皿等 20 20
スクラバー 1 1
廃棄物置場 12 12
薬品倉庫 3 3
薬液・廃液配管(m) 111 111
貯油施設 7 7

環境構造物指針準拠率(本社)

環境構造物指針準拠率(本社)

このページのトップへ