トップメッセージ

東芝グループの総合環境ソリューション企業として長年培ったリユース・リサイクル技術と環境再生エンジニアリング技術を融合し、低炭素社会・循環型社会・持続可能な社会の実現に貢献していきます。

東芝環境ソリューション株式会社 取締役社長 増山 宏

はじめに

 当社は、東芝グループの一員として、東芝グループのCSR経営の「生命・安全、コンプライアンスを最優先」とし、「事業を通じて、グローバルな社会の課題に貢献」していくことで、持続可能な社会の発展に貢献することを企業基盤とし、社会を構成する一企業として、また環境関連事業を通じて環境、人権、地域社会との調和等を重視した環境貢献企業として、健全で透明性の高い経営の実現に向けて事業活動を行ってまいります。

社会と企業の共有価値を創造する事業展開に注力します

 当社の事業分野である環境関連ビジネスそのものが、社会的貢献につながるものではありますが、これをさらに推し進め、社会的な課題解決と事業活動を一体のものとして捉え、社会と共有できる価値を生み出す積極的な事業活動(CSV:Creating Shared Value)として展開していきたいと考えています。そのために、長期的視点で会社と企業の双方にとって最適な価値創造が実現できるように注力します。

皆様の良きパートナーとして環境ソリューションを提供します

 環境分野におけるさまざまな課題に対処し、適切なソリューションを提供するために、当社は、法令や技術に明るく経験豊富な人材の採用と育成を行っています。環境問題を抱える皆様にとって良きパートナーとして、どんな課題に対しても最適な対応ができるような総合環境ソリューション企業を目指します。そして、環境教育や地域社会とのコミュニケーションを積極的に進め、皆様と共に環境問題を深く考え、安心・安全な社会を構築すべく期待に応えてまいる所存です。

資源リサイクルを通じて真の循環型社会実現を目指します

 当社は、リユース・リサイクル事業を積極的に推進し、市場で消費された製品から、有用な資源を効率よく取り出す技術の開発やプロセスの構築を行ったり、新たな廃棄物の再資源化やリユースの技術開発や事業化に取組んでいます。ブラウン管テレビから液晶テレビに主役が移ったように、製品は時代を追うごとに変わっていき、廃棄される内容物も変化していきます。新たな製品が生まれ、将来、大量に廃棄される可能性があります。これらの変化する製品から出来る限りの資源を取り出し、廃棄するものを極力減らす再資源化を、現在と未来の両方に、持ち前の電機メーカーの技術と知識を生かして常に挑戦していきます。「資源を過剰に消費せず、有用なものは繰り返し利用できる社会システムを備える真の資源循環型社会」の実現を目指したいと思います。

このページのトップへ