資材調達

オープンな取引

東芝グループでは、法律、社会規範、倫理などについてのコンプライアンス(遵守)は、企業が存続・発展していくうえで不可欠であるとし、東芝グループの事業活動にかかわるすべての役員、従業員が共有する価値観と行動規範を記した行動基準を次のように定めています。

<東芝グループ行動基準(調達活動)>抜粋

  • 法令等を遵守するとともに、環境保全・資源保護に十分配慮します。
  • 調達取引先(候補)様に対して公平な取引の機会を提供します。
  • 調達取引先様と、相互理解と信頼関係に基づくより良いパートナーシップの構築・発展に努めます。

<東芝グループ行動基準(営業活動)>抜粋

  • 誠意をもってすべてのお客様に公正かつ公平に接し、適切な条件で取引を行います。
  • 法令遵守はもとより、健全な商慣行、社会通念に従った営業活動を行います。
  • 独占禁止法等の遵守に係る行動基準に従い、自由で公正な競争に努めます。

弊社が行う調達取引(注1)販売取引(注2)においても、これらの行動基準に従い公正かつオープンな取引を推進します。併せて内部統制の面からも、取引先の選定を公平に行うこと・取引価格等取引条件を公正に設定すること等により取引における透明性を確保し、かつ、取引内容の説明責任を実現してまいります。

  1. (注1)調達取引:物品の製造委託・購入、役務の提供委託、廃棄物処理委託、工事等の取引
  2. (注2)販売取引:資源リサイクル品等の販売取引

つきましては、弊社の担当部門を通じて次の施策を展開・強化してまいりますのでご理解・ご協力の程お願い申し上げます。

  1. 取引のオープン化の推進
    • 1社指名等固定的取引の見直し、またはその優位性についての検証
    • 取引条件・取引内容等の明確化および書面化の推進
    • 契約書面に基づく契約の履行
  2. 取引プロセスの可視化の推進
    • 取引ワークフローの書面化および標準化
    • 統一取引帳票の使用拡大
    • 取引のIT化の推進
  3. より良いパートナーシップの構築
    • Win-Winの関係に基づく新しい環境ビジネス集団の構築

このページのトップへ