環境デューデリジェンス支援

M&A買収・売却DDにおける環境DDポジション

基本分野

買収・売却監査デューデリジェンス(DD)
  • 事業デューデリジェンス
    ★M&A後の利益計画はどのように描けるのか等判断するための情報を収集するための調査
    • ビジネスの実態を探り、買い手M&A目的に適合したビジネスか、M&Aによる現在のビジネスへの影響評価
    • M&A目的実現のための修正ビジネスフロー有無&可否
  • 財務デューデリジェンス
    ★財務的リスクおよび税務上リスク情報を得るための調査
    • 財務に関する精査による売り手企業の経営実態を把握
    • 財務デューデリジェンスを通したビジネス上、法律上リスク等
  • 法務デューデリジェンス
    ★法律上のリスクを探るための調査
    • 売り手企業が負う現在の取引上又は法律上の債権債務
    • 現在の法律関係を原因として将来生じる債権債務リスク

個別項目

  • 環境デューデリジェンス
    ★環境上の事業・財務・法務リスクを探るための調査
    • 土壌地下水、環境施設、保有有害物・廃棄物・埋設物、環境データなど将来生じる可能性がある環境リスク
  • ITデューデリジェンス
    ★情報システム・機器・保持情報上リスクを探るための調査
    • 保有情報(機密、個人、企業、事業経営情報など)&システム/機器リスク=事業上・財務上、法務上リスクの各個別リスク
  • その他デューデリジェンス
    ★企業特性や地域性により、場合により詳細DDがおこなわれる。研究開発・取引先・海外拠点・人事・周辺地域など

費用:環境DD着手金と個別項目DD実費となります。具体的な金額は、事前ご相談下さい。

このページのトップへ

環境DD&環境ソリューションサポートの関係

東芝環境ソリューション(株)の特長:診断・評価から環境復元&監視測定まで

図:環境DD&環境ソリューションサポートの関係

このページのトップへ

環境DDの主な対象項目

東芝環境ソリューション(株)の特長

  • 財務DD評価補完:現状の環境負債評価を補完
  • 法務DD評価補完:関連法の遵法状態又はリスク評価から今後の事業継続での発生費用の補完
  • 事業DD評価補完:事業継続における環境保全に関する人・モノ・システムの評価から事業DDを補完
資源価値 (+)
  • 財務DD対象
     固定資産価値
  • 財務DD対象
     施設・機器価値
  • 運用管理システム
    • 環境マネジメントシステム
    •  EMS、QMS
    • 環境施設運用システム
    • 環境データ管理システム
    • 環境施設
    • 運用システム
  • 環境人財
    • 過去の環境汚染履歴
    • 行政対応記録(記憶)
    • 施設管理ノウハウ
評価対象
  1. ①土壌・地下水
  2. ②建屋
  3. ③施設・機器
  4. ④保管物・廃棄物
  5. ⑤運用管理システム
  6. ⑥環境人財
資源負債 (−)
  • 有害物汚染土壌・有害物埋設物
    • (重金属汚染Pb・Hg・アンモニア・埋設物・PCB・As、農薬)
  • 地下水汚染
    • (塩素系有機溶剤トリクロロエチレン・テトラクロロエチレン)
  • 有害物含有建材・配管・廃水溝
    • アスベスト建材
    • 環境構造物未整備・不備・劣化破損
  • 有害物使用施設・機器
    • Pb、Hg、油、その他金属汚染、放射能汚染
  • 所有有害物副資材
    • 有害・規制化学物質
  • 運用管理システム
    • 環境マネジメントシステム未構築
    • 環境施設運用システム不備
    • 環境データ管理システム
    • 製造施設
  • 環境人財
    • 必要管理要員不在・不足
    • 力量不足
このページのトップへ

土壌・地下水汚染負債評価プロセス・フロー例

東芝環境ソリューション(株)の特長

  • 土壌地歴分析・土壌地下水化学分析の専門技術員を擁する
  • 1980年〜東芝グループ内の事業所・製造拠点のおけるモニタアリング及び回復実績がある
  • 東芝総合環境システムにおける環境監査員による関連法令・環境リスク・環境予防保全技術がある

図:土壌・地下水汚染負債評価プロセス・フロー例

費用:環境DD着手金と個別項目DD実費となります。具体的な金額は、事前ご相談下さい。

このページのトップへ

環境DD後の環境復元・監視測定サービス体制

  1. 順法・コンプライアンス視点項目
    • 環境公害法(水質・大気・土壌・騒音振動・悪臭)
    • エネルギー関連法(省エネ法・温対法)
    • 資源有効利用関連法(廃掃法・各種リサイクル法)
    • 化学物質管理関連法(PRTR法・フロン法など)
    • 消防法・安衛法
  2. 行政届出項目
    • 特定施設関連届出
    • 環境事故・違反履歴
    • 環境構造物(東芝指針準拠)
  3. 環境施設構造リスク項目
    • 耐震構造
    • 環境構造物(東芝指針準拠)
    • 埋設配管
    • 地下構造・密閉構造(移設・廃却に建屋破壊伴う)
    • 耐用年数経過
    • 故障・停止・使用中止・遊休施設
  4. 環境汚染リスク項目
    • 土壌汚染(地歴・対象物質使用履歴・分析データ)
    • 地下水汚染(プロセス履歴・対象物質使用履歴・分析データ)
    • 環境施設(投入物質・使用化学物質)/埋設配管
    • 焼却施設履歴(焼却炉・周辺焼却処理施設・煙突・排風機など)
    • 浄化槽(又は埋設跡・配管)
    • 油水分離槽
    • 有害物埋設
    • 排水溝・最終放流口
    • 廃棄物置場・危険物倉庫・油使用職場(油)・塗装職場(重金属)
  • 環境マネジメントシステム
    運用管理支援
    • 順守評価・内部監査・環境教育
  • 環境監視・
    測定管理支援
    • 地下水モニタリング・
      水質/大気監視
    • 土壌定期分析・作業環境測定
  • 環境復元サービス
    • 土壌・地下水環境復元
    • アスベスト除去工事
    • PCB無害化処理

費用:案件ごとにお見積りを提示致します。具体的な金額は、事前ご相談下さい。

このページのトップへ