社会・環境活動(CSR)

公正な競争・取引

公正な競争・取引の徹底

 公正な取引を徹底するために、継続的に次のことを実施しています。

  1. 取引の内容を継続的にモニタリングし、取引内容書面化の状況、調達システムの適用実績などを監視
  2. 事業拠点の教育巡回(2015年度は21事業拠点実施)を計画的に進め、公正な取引を指導
  3. 取引の適正化を担保するため取引のIT化を継続的に進め、下請法適用取引における請求書払い取引を禁止

 なお、お取引様からの通報や下請法などの調達関連法に関する法違反などはありませんでした。

サプライチェーンでのCSR推進

 お客様に、安心して当社のサービスを利用していただくために、調達取引先における従業員の労働環境適正化や環境負荷低減など、サプライチェーンを通じたCSRの取り組みを推進しています。
 2015年度も、「請負事業主が講ずべき措置に関するガイドライン」による点検を継続実施しました。

内部通報・取引先通報制度

 当社は、内部通報制度「リスクホットライン」を開設して、電話やEメールなどによる通報や相談を通じて社内のリスク情報を直接把握できるようにし、コンプライアンス違反の防止などにつなげています。また、取引先ならびにお客様からの通報、お問い合わせを受け付ける窓口をホームページに開設しております。

内部通報・取引先通報制度

このページのトップへ