環境コミュニケーション

環境展示会(東芝グループ環境展)

 皆様のより良い暮らしやビジネスを環境面からもサポートする製品や様々な事業領域での取り組みを紹介する機会として、東芝グループは東芝グループ環境展を開催しています。当社も東芝グループの一員として、さまざまな使用済み製品の再資源化、環境分析、土壌・地下水調査・対策と幅広い環境ソリューション事業活動を紹介しています。
 2015年度は6月に開催され、当社は「PCB廃棄物の処理」や「太陽電池パネルのリユース/リサイクル技術」への取組みや成果を紹介しました。

写真:第24回東芝グループ環境展の模様
第24回東芝グループ環境展の模様

東芝フォーラム2016に出展

 2月2日から5日(2日は内覧会)まで、東京ミッドタウンホールで東芝フォーラム2016が開催され、当社も出展しました。本フォーラムは製品・サービスの機能・技術訴求ではなく、顧客視点に立った課題解決型提案を目的とした、東芝グループ重要顧客向けの展示会で、内覧会に3,385人、お客様は2,629人が来場しました。「Society」「City」「Industry」「Business」の4つのゾーンのうち、当社は「Industry」ゾーンで“低環境負荷な製造実現”をテーマに、映像、チラシ、太陽電池パネルの資源物の展示で「資源環境への対応サービス」「排出事業者のサポートサービス」「環境リスクへの対応サービス」を訴求しました。当社ブースには、事業内容、PCBの無害化処理、太陽電池パネルのリサイクル等に関心を示した顧客が多く来場され、直接お話しを聞くことができ、貴重な機会となりました。

写真:東芝フォーラム2016に出展

環境広告/広報

 当社の環境事業活動を多くの方々に知っていただくために、新聞、専門雑誌、インターネットとさまざまなメディアを利用し、タイムリーに環境情報を発信しています。

社外HPでの主な情報発信内容

2015年6月 新経営執行体制について
2015年7月 「社会・環境報告書2015」を発行しました
2015年12月 本社事務所を移転しました
2015年12月 産廃情報ネットにおける当社の最終更新日情報を掲載しました
2015年12月 日本分析化学会から感謝状を受領しました

参加団体

(社)神奈川県産業廃棄物協会 ガラス再資源化協議会
(社)産業環境管理協会 (社)廃棄物資源循環学会
横浜市環境保全協議会 (社)日本環境化学会
(社)東京産業廃棄物協会 (社)日本分析化学会
(社)群馬県計量協会 (社)土壌環境センター
神奈川県環境計量協議会 (社)日本作業環境測定協会
協同組合クリーンテクノかながわ (社)日本環境測定分析協会

このページのトップへ