環境活動の目標と実績

2015年度の環境目的・目標の達成状況

 2015年度は、目標を達成しました。当社の主要指標となる再資源化率は、精緻な手分解と機械破砕のベストミックスで再資源化率を改善しています。また、最終処分埋立率は、処理・リサイクル委託先の開拓、連携強化を図り、最終処分埋立率の目標を達成しました。
 また、「省エネ専門部会」では、省エネパトロールの実施や夏季・冬季シーズン前の空調設備のフィルター清掃、部門での空調設備等の電源OFFのルール化など、運用面での省エネ改善施策を推進し、実行しました。

2016年度の環境目的・目標

 環境目的・目標については、当社の環境側面に大きな変化が無いことから、大幅な変更は有りません。主要な指標の再資源化率と最終処分埋立率は、目標値を上方に設定し取り組みます。
 また、法例遵守の強化策として、廃棄物の適正処理のために最終処分先の現地確認も2016年度も継続実施していくことにしました。

このページのトップへ