CSRマネジメント

CSR経営

 私たちは、「CSR経営の推進」を経営方針の柱の一つに据えて、活動しています。そのための礎として、東芝グループが考えるCSR経営を全従業員に浸透し、「東芝グループ行動基準」の遵守を徹底することによって、社会から信頼される企業をめざしています。
 この考え方を浸透させるために、全従業員を対象にした「CSR職場ミーティング」を実施しています。このミーティングは、各職場において、特定のテーマを基に話し合うという方法で実施し、マナー、情報セキュリティ、ハラスメント、技術者倫理などをテーマとしています。
 従来の一方向の教育ではなく、一人ひとりの従業員がCSRを考え、各自の意見を述べることで、意識高揚を図るとともに、風通しの良い職場づくりをめざしています。

※ 東芝グループは「生命・安全、コンプライアンスを最優先」とし、「事業を通じて、グローバルな社会の課題に貢献」していくことをCSR経営と考えています。

CSR推進体制

 CSR推進責任者をはじめ、関係役員で構成するCSR推進委員会では、社長出席のもとに、当社の活動方針を審議・決定します。決定された基本方針に沿って、CSR関連の委員会であるリスク・コンプライアンス委員会、品質・環境委員会、QS委員会、PR委員会などが、各所管のテーマごとに計画を策定し推進しています。

CSR推進体制図

CSR推進体制図

2015年度の主な実施項目と2016年度の目標・計画

このページのトップへ